ボーイスカウト平塚第4団

子どもの健全育成 国際協力

平塚第4団では22名の指導者がボランティアとして活動を支えています。

団体の目的

社会奉仕活動や自然の中で体験などを多く取り入れたボーイスカウト活動の様々な活動を通して、青少年の健全な心と体の育成に努め、よりよい社会人となるための青少年教育の一助となるべく活動している団体です。
団体情報
団体名称 ボーイスカウト平塚第4団(ボーイスカウトヒラツカダイ4ダン)
代表者名 団委員長 久保田 浩巳
電話 090-1128-0362
メールアドレス kappaaaaan@yahoo.co.jp
その他連絡先 担当者 佐藤 由美子
その他連絡先 電話 090-5784-0772
設立年月 1963年(昭和38年)11月
会員数 71 名
主な会員層 ボーイスカウト理念に共感する子供を持った保護者及びその指導者
会員の募集 あり
会費 9,000円/年
活動場所 富士見地区
活動日時 毎月不定期な日曜日
活動内容 ボーイスカウトは、成長段階に応じた5つの部門で構成され、子供たちの自発的な活動を大切にしています。年齢や性格が異なる、さまざまな特性を持った少人数のグループの中で、それぞれが役割をもち、協力して活動することで一人では困難なことも仲間とともに経験し、徐々に出来ることを増やし、人の役に立つ喜びを学んでいきます。また、活動は野外を中心とし、国際交流や環境問題への取り組みなども通じて「前に踏み出す力」「考え抜く力」「あきらめない心」など、現代の社会で求められる生きる力と心構えを育みます。
活動状況・実績 ビーバースカウト隊、カブスカウト隊、ボーイスカウト隊、ベンチャースカウト隊、ローバースカウト隊の各隊は原則毎月2回程度の隊集会を行い、夏の本格的なキャンプをはじめ複数回の訓練キャンプを行っています。また、育成会は地区の夏祭りや公民館まつり、活動センターまつりなど積極的に地域活動へ参加して地域社会の発展に貢献しています。
団体からのメッセージ ボーイスカウト運動の始まりは、1907年に創始者であるロバート・ベーデンウエル卿がイギリスで20人の子供たちと行った実験キャンプです。日本には1908年に伝来し、昭和天皇が関心を寄せられたことが後押しし、1922年にはボーイスカウト日本連盟の前身となる少年団日本連盟が結成されました。ボーイスカウトは100年以上続く歴史ある活動です。