‐平塚ゆかりの作家‐中勘助を知る会

学術、文化、芸術又はスポーツの振興 まちづくりの推進

平塚ゆかりの作家 中勘助を知って下さい。

団体の目的

『銀の匙』で有名な作家 中勘助は大正13年末から昭和7年9月まで、平塚に居を構えて主に暮らしていた。平塚時代の生活を『しづかな流』(500ページ)を執筆し、当時の平塚海岸の生活を活写し、多くの詩を残しており、『しづかな流』は平塚の文化財産といえる。会は市民にこのことを知ってもらうため講演会、シリーズ講座(読書会)、文学散歩等を行う。本市の文化向上に寄与する。
団体情報
団体名称 ‐平塚ゆかりの作家‐中勘助を知る会(ヒラツカユカリノサツカナカカンスケヲシルカイ)
代表者名 会長 大蔵 律子
住所 〒254-0915
平塚市出縄245
電話 0463-31-4691
FAX 0463-31-4691
メールアドレス tosihiko110@me.scn-net.ne.jp
その他連絡先 担当者 飯尾 紀彦
その他連絡先 電話 0463-31-4691
設立年月 2013年(平成25年)9月
会員数 30 名
主な会員層 文芸、評論家、教育者、元行政マン、主婦・・・
会員の募集 あり
会員の要件 趣旨に賛同する人
会費 2,000円/年
活動場所 平塚市内
活動日時 2ヶ月に1回
活動内容 ・文化講演会、シリーズ講座(読書会)、文学散歩、詩集の発行、詩の朗読会。
活動状況・実績 ・中勘助生誕130年没後50年記念講演会、「中さんと犬のタゴ」紙芝居製作依頼と上演。文学講座。ゆかりの地視察。(静岡、長野県野尻湖、東京)
・平成30年5月22日、桃浜公園内に市内外のみなさんの協力により、中勘助文学記念碑を建立し、竣工式を開催しました。
団体からのメッセージ 市民文化団体との連携を図りたい
ホームページ http://www.shonan-hills.info/